有馬温泉「金の湯」

画像


有馬温泉の湯は一風変わっている。

炭酸の入った湯は和歌山県内には多い。

しかし、鉄分を含むとなると全国的にも希有な存在だろう。

もっとも、これとて和歌山市内に花山温泉という立派なに鉄分を含んだ温泉もあるのだが。

豊臣秀吉が入ったという黄金の湯。

公衆浴場だ。

露天風呂はなく、内湯のみ。

熱いんだこれがまた。

私は内湯が熱いのは仕方ないと思っている。

しかし、露天風呂は温めが最高。

何時間でも入れるからだ。

最高3時間入っていたことがある。

紀伊半島は十津川村にある「宿湯の里」という小さな旅館。

24時間源泉かけ流しの小さな露天風呂がある。

そこに入っていると、二人のオッチャンが。

向こうから話しかけてきた。

訊くと、中央大学で司法試験を目指したが、図らずも合格できずどこだったかメーカーの子会社に就職したとか。

懐かしい東京の話に時間も忘れ、気がつけば3時間。

それでものぼせることもなく入ってられたのも温めのお湯のおかげ。

露天風呂がないとはいえ、金の湯も内湯にどこか温めの湯をこさえてほしい。

人気スポットだけあって風呂は満員。

さすが有馬温泉。

今度来るときはどこか露天風呂のあるひなびた温泉がいい。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック